日々の記録、お菓子やパンのレシピ *レシピはすべてオリジナルです。配合など予告なく変更になる事があります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エビ蒸し餃子
2012年02月09日 (木) 00:58 * 編集
つやつやもっちもちの皮の秘密は、浮き粉とタピオカ澱粉です。
もろくて多少扱いにくい生地ですが、出来たての美味しさは格別です。是非お試しください♪
DSCN1029.jpg
材料(30個分)
*皮* 浮き粉 150g、 タピオカ澱粉(片栗粉またはコーンスターチ、くず粉でも代用できると思います)30g、サラダ油 大さじ1、 塩小さじ1/3、 熱湯 190ml
*具* 冷凍えび 頭なしで300g、片栗粉 大さじ1、卵白1個分、塩 小さじ1/2、醤油 小さじ1/2、酒 小さじ2、ごま油 小さじ1、しょうがのすりおろし 一かけ分、ねぎのみじん切り 大さじ4
(*くわいやたけのこ、きくらげ、豚の背脂のみじん切りを入れたら美味しいそうです。でも入手できなかったので今回はシンプルにねぎとしょうがだけです)
*タレ* お酢と醤油 1:1(お好みでどうぞ♪)
   
1)エビを解凍する。40度前後のぬるま湯に、4%ほどの塩を加え、海水くらいの濃度の食塩水を作る。そこにエビを凍ったまま入れ、5分ほどおいておく。解凍したら、お湯を捨て、背わた、皮、尾を取り除く。
2)ペーパーなどで水分を取り、荒く包丁で刻む。片栗粉をまぶしてねばりが出るまで手で混ぜる。
3)残りの材料も加えて混ぜておく。
4)生地を作る。ボウルに浮き粉、タピオカ澱粉、塩、油を入れたら熱湯を注ぎ、熱いので最初はスプーンで、途中から手で、つやが出るまで捏ねる。
3)まず生地を2等分し、さらに3等分(これで6等分)してそれぞれを棒状にする。さらにそれぞれを5等分(これで30等分)したら、ひとつずつ円柱状に整える。
4)クッキングペーパー2枚にはさみ、平らな物で上から押さえて薄い皮を作る。
5)具をスプーンで少量のせ、ひだをよせながら閉じていく。まず真ん中をくっつけて・・・
DSCN1018.jpg
右側の生地は、右手の親指でひだを中央にむかって倒しながらくっつけます。左側の生地も同様に中央にむかってひだを取ってくっつけます。
DSCN1019.jpg
6)蒸し器に入れ、強火で7分ほど加熱してできあがり。召し上がれ♪
DSCN1028.jpg
スポンサーサイト
焼き鳥
2011年11月18日 (金) 12:06 * 編集
今日のお昼ごはんはちょっと頑張って焼き鳥数種類作りました。オーブンで焼く作り方です。
レバーのタレには、生姜とお酢を使って臭みを除き、モモ肉とつくねのタレにはにんにくを効かせています。
合鴨肉にはねぎをたくさん、これはシンプルに海塩のみで・・・でもちょっと焼きすぎちゃったようです。
DSCN0725.jpg
小さい玉ねぎや、肉厚ピーマンの串もとっても美味しかったです♪


モモ肉
DSCN0724.jpg

材料) モモ肉2枚、ねぎ2本、タレ:酒 大さじ2、きび砂糖 大さじ2、醤油 大さじ3、はちみつ 大さじ1、にんにく 小さいの2かけ分のすりおろし

作り方
1)肉は2.5cm角に切る。タレの材料は全て小鍋に入れて少し煮詰める。ねぎは3cm長さに切る。
2)タレに肉を漬け込み20分おく。
3)肉とねぎを交互に串にさす。オーブンを220℃に余熱する。
4)受け皿の上に金網を置き、その上に串を並べる。オーブンのグリル機能で10~15分焼く。
5)漬け込みに使用したタレをどろっとするまで煮詰める。焼き上がりにはけでぬる。

キモ
DSCN0721.jpg

材料)鶏のレバー 200g 酒大さじ2 タレ:酢 大さじ1、きび砂糖 大さじ1、醤油 大さじ2、酒 大さじ2、はちみつ 大さじ1、しょうがのすりおろし 1かけ分、塩コショウ 少々

作り方
1)レバーは流水でやさしく洗う。鍋にそのまま入れ、ひたひたの水を酒を入れて煮立たせないように5分茹でる。途中あくは取り除く。煮上がったら煮汁を捨て、3cm角くらいに切る。
2)タレの材料を全て小鍋に入れて少し煮詰める。レバーを20分ほど漬け込む。
3)串にさして220℃のオーブンのグリル機能で10分焼く。
4)残った漬け汁はどろっとするまで煮詰め、焼き上がりにはけで塗る。

ツクネ
DSCN0723.jpg
材料)胸肉 1枚(160gほど)、片栗粉 大さじ1と1/2、油 大さじ1、酒 大さじ1、生姜のみじん切り 大さじ1/2、ねぎのみじん切り 大さじ1/2、卵黄 1個、塩コショウ 少々 (タレはモモ肉に使用した物を使う)

作り方
1)フードプロッセッサーに材料全てを入れて混ぜる。
2)油少々を塗った両手で、小さいおだんごを作る。
3)沸騰させた湯に塩ふたつまみほど加え、おだんごを2分ほど茹でる。
4)串にさしていく。220℃のオーブンのグリル機能でこげめがつくまで10分ほど焼く。
5)焼き上がりにモモ肉で使用したタレをはけで塗る。

合鴨
DSCN0722.jpg

材料)合鴨胸肉 1枚、ねぎ 1本、塩コショウ 少々、酒大さじ1

作り方
1)合鴨肉は2.5cm角に切り、ねぎは3cm長さに切る。
2)肉に酒と塩コショウで下味をつける。
3)串に肉とねぎを交互にさしていく。220℃のオーブンのグリル機能でこげめがつくまで8分ほど焼く。
4)焼き上がりに塩をぱらぱらと振る。


日本では焼鳥屋さんでいただけますが、ここでは自宅で作るしかないので、頑張って作ってみました。
意外に簡単にでき、タレも自分好みに味付けできるのがよかったです。
私はレバーが一番美味しかったです。パパは合鴨、娘はモモ肉、ぶーちゃんはつくねが一番好きだったみたいです。
プルコギ(불고기)
2011年10月26日 (水) 11:35 * 編集
ヤンニョムジャンを使って、プルコギを作りました。
プルコギ1

材料 牛肉(安い細切れで十分です)300g、りんごまたは梨のすりおろし1/2個分、にんじん1本、玉ねぎ1個、ピーマン2個、ヤンニョムジャン大さじ6、塩コショウ

1)牛肉はりんごまたは梨のすりおろしと一緒にしてよくもみこむ。
2)野菜を千切りにする。肉、野菜、ヤンニョムジャンを混ぜ、手でよくもみこんで最低20分なじませる。
プルコギ2
3)よく熱したフライパンに牛脂かごま油をひき、マリネした肉を焼く。塩コショウで味を調える。
あったかご飯とどうぞ~。

ヤンニョムジャン(양념장/薬念醤)
2011年10月24日 (月) 11:03 * 編集
冷蔵庫にこのタレがあるだけで、嬉しくなっちゃいます。
蒸し野菜やお豆腐、お魚やお肉にも何でもかけて使えます。ご飯がすすんでしまう、甘辛いタレです。

↓こちら、お子ちゃん用、甘口タレ。
ヤンニョム
↓こちらは大人用、辛口タレです。
コチュヤンニョム
材料 醤油大さじ6、ごま油大さじ2、きび砂糖大さじ1、はちみつ大さじ1、いりごま大さじ2、長ネギのみじん切り大さじ5、にんにくのすりおろし3かけ分、しょうがのすりおろし2かけ分、りんごのすりおろし1/2個分、りんご酢大さじ1、塩コショウ少々、味噌(甘口の場合)またはコチュジャン(辛口の場合)大さじ1


作り方は簡単です、全部ボウルに入れて混ぜるだけです。  
冷蔵庫に保存して、数週間もちます。
ヤンニョム2種
鶏の煮込み、りんごソース添え
2011年10月10日 (月) 16:43 * 編集
主人の実家には大きなりんごの木があるのですが、大量に収穫できたそうで、たくさんりんごが送られてきました。
そこで、鶏肉と栗とプルーンと一緒に煮てみたら、とっても美味しくできあがりました。
鶏煮込み
材料 (6人分)
   鶏もも肉 4本(関節のところで切り離す)
   玉ねぎ 1個(みじん切り)
   にんにく ひとかけ
   りんご酢 大さじ2  
   りんご 中くらい 5,6個
   プルーン 12個
   栗 (煮て皮をむいた物) 好きなだけ
   シナモン 2本
   ローリエ 1枚
   生クリーム 大さじ2

1)鶏肉は塩コショウをしてしばらく置いておく。ルクルーゼなどの大きな鍋に油を熱し、鶏肉の表面を焼き固める。焼けたら別皿に取っておく。同じお鍋で玉ねぎとにんにくのみじん切りを炒める。
2)玉ねぎとにんにくがしんなりしたら、鶏肉とりんご酢、シナモン1本、ローリエ、ひたひたの水を加え20分中火で煮る。あくはその都度取り除く。
3)別鍋にくし切りのりんご、プルーン、シナモンを入れ、少量の水を入れふたをして中火で10分ほど蒸し煮にする。
4)2)の鍋から鶏肉を取り出し別皿に取り、煮汁を半量くらいになるまで煮詰める。
5)生クリーム、3)の果物、栗、鶏肉を入れて温めたら、塩コショウで味を調える。シナモンとローリエは取り除く。
More...
* Top * Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。