日々の記録、お菓子やパンのレシピ *レシピはすべてオリジナルです。配合など予告なく変更になる事があります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メルヴェイユ (Merveille)
2012年11月21日 (水) 08:07 * 編集
りんごの幼稚園で、知らないママさんから突然声がかかりました。
それはこの9月から幼稚園に新入生として入ってきたアメリカ人のLちゃんのママで、Lちゃんがいつもおうちでりんごの話ばかりする、というのです。
よかったらお茶でもしにうちへいらしてください、と嬉しいお誘いがあったので、子供3人連れて遊びに行ってきました!
大人って、よほどのきっかけがないとお友達になりにくいのですが、こうして子供のおかげで仲良くなれるのって嬉しい事ですよね。

手土産に何を持って行こうか迷いに迷って、結局フランスのお菓子にしました。しかもあんまり売ってなさそうなの。
メルヴェイユという揚げ菓子です。Merveilleって「素晴らしい」という意味です。
ドーナツというよりは少しかりんとうに似た食感ですよ。
DSCN2724.jpg

材料(大きなざるに1杯分)
小麦粉 300g 
砂糖 30g
アルミフリーベーキングパウダー 小さじ1
卵 2個
オレンジジュースまたは牛乳 大さじ2
オレンジフラワー水または柑橘系リキュール 大さじ1
溶かしバター 25g
オレンジの皮すりおろし 1個分
粉砂糖

作り方
1)ボウルに卵、砂糖、オレンジジュース、オレンジフラワー水、溶かしバター、オレンジの皮すり下ろしを入れて混ぜる。
2)粉とBPをふるい入れる。固い生地です。あまり捏ねすぎないように。ラップなどをして乾かないようにして、そのまま2時間生地を休ませる。
3)打ち粉を少々してから3,4mmほどの厚さにのばし、ぎざぎざのカッターで菱形に切り、真ん中にも一本切り込みを入れ、手綱型にする。
4)あまり高温にならないように油(分量外)をあたため、こんがり揚げる。温かいうちに粉砂糖をまぶす。

DSCN2723.jpg

かりかりの食感を出すために、できるだけ薄くしあげるのが大事です。
おいしくて手がとまらないのでご用心を!笑
うち用には5個ほど残して残りはすべてお持たせにしましたよ!笑

初めての人のおうちに呼ばれたにもかかわらず、とてもきさくな優しい方たちでおしゃべりに花が咲き、時間はあっという間にすぎました。
りんごはLちゃんとお部屋で遊び、ぶーちゃんもまーくんもLちゃんのママに遊んでもらってご機嫌でした。
今度はうちにも遊びにきてもらう予定です。
頑張って掃除しなきゃ〜・・・。
スポンサーサイト
クロッカン(croquant de Cordes)
2012年07月29日 (日) 23:05 * 編集
フランス南部、コルド(Cordes sur ciel)という美しい街の名物お菓子です。
泡立てない卵白と砂糖と少しの粉でキャラメリゼされたナッツがとても香ばしくて美味しいです。軽い食感のお菓子です。
DSCN2007_20120729225314.jpg
材料(10個分)
   卵白 30g(約1個分)
   きび砂糖 100g
   薄力粉 25g
   アーモンド(あらく刻む) 70g(ヘーゼルナッツでも)

作り方
1)薄力粉と砂糖を混ぜる。その中へ卵白を加え混ぜる。
2)アーモンドを入れて混ぜる。
3)天板にクッキングシートを敷き、生地をスプーンで落としていく。焼成中にかなりひろがる(3倍ほどふくらみます)ので、間隔を十分にあける。
4)200度に温めておいたオーブンで15分から20分きつね色になるまで焼く。最後の数分は、焦げ付きやすいので、注意して見ていてくださいね。

バリッバリの食感が楽しいです。湿気やすいので、密封容器に入れて保存してください。
DSCN2009_20120729225314.jpg
桃ゼリー
2012年07月13日 (金) 13:16 * 編集
前記事からずいぶんとご無沙汰していました。
フランスでは6月というと一学年の締めくくりの月でもあり、何かと行事がたくさんあって、ばたばたしているうちにもう7月になってしまいました。
りんごはつい先日年中さんが終わり、祖父母のおうちへしばらく行っています。夏休みが開けるともう年長さんです。
ぶーちゃんは弟が生まれたら、お姉ちゃんと一緒にしばらく祖父母のおうちへ行く予定です。
パパは日本への引っ越し作業に取りかかりました。9月から東京都民です!!
私はまだ妊娠中・・・ぶーちゃんは38週4日で生まれましたが、今日現在38週6日、まだお腹の中でくつろいでるようです!
でももう時間の問題ですね。生まれたら上の二人とパパは田舎へ行ってしまうので、夏休み終わるまでは新生児と母二人きりで過ごす予定です。

最近いろいろとお菓子を作っていましたが・・・
昨日作ったのはこれ。白桃のゼリーです。美味しかったので、覚え書きをしておきます。
DSCN1790_20120713125010.jpg

材料 白桃 800g(こちらのは小振りなので6個分)
   砂糖 200g
   水 750g
   レモン 皮1個をうすくリボン状にそいだもの、1個分 汁は1/ 2個分
   バニラのさや 5cmくらい
   板ゼラチン 10g

1)鍋に水、砂糖、バニラ、レモンの皮とレモン汁を加え煮溶かしておく。
2)白桃は洗い、すじにそってナイフを入れて、ねじって半割にする。皮も種もそのままで煮る。半分にしたものからその都度1)の鍋に入れていく。
3)ふたをして(少し開けて)中火で15分ほど煮たら火を止め、そのまま冷ます。
4)皮と種を取り除く。(皮のピンク色が果肉にしみこんでいるはずです。)
5)ゼリーを入れる容器に、半割の桃を1つずつ入れる。板ゼラチンはたっぷりの冷水でふやかしておく。
6)煮汁を700cc計量する。足りなければ水(分量外)を足す。
7)6)の液体のうち250ccを鍋に入れ、温める。沸騰させないように注意。ふやかしたゼラチンを入れて、なめらかに溶けたら残りの煮汁を加える。
8)桃の上にゼラチン液を静かに注ぎ入れ、荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

日本ではこういうデザートが恋しい季節ですよね。フランスももちろん夏なのですが、今年は何か変ですよ。
今日なんて最高気温19度。朝などはカーディガンがないと寒くて外出できませんもの。
日本でお盆過ぎに生まれたりんごの時は、暑くてあせもいっぱいで大変でしたから、それに比べると今回のは妊婦の私にとっては過ごしやすいですけどね。
ただ、もう少し日照りがないと、夏秋の作物にきっと影響が出ると思います。。。
フラップジャック(Flapjack)
2012年05月06日 (日) 12:54 * 編集
イギリスの庶民的なお菓子だそうです。
伝統的なレシピだと甘みが強いので、お砂糖を減らしてみたらとても食べやすく美味しくなりました。
オーブンでキャラメル化されたオートミールとナッツがカリカリととても香ばしく後をひきます。
DSCN1468_20120506124540.jpg
材料
   無塩バター 90g
   きび砂糖 50g
   オートミール 200g
   ひまわりの種やかぼちゃの種、ヘーゼルナッツなど好みのナッツ ひとつかみ
   はちみつ 大さじ2
   マーマレード 大さじ2

作り方
1)お鍋にバター、砂糖、はちみつ、マーマレードを入れ中火で溶かす。
2)オートミールとナッツを入れよく混ぜたら、21cm角型にクッキングシートを敷いた物に流し入れ、表面をかるくならす。
3)180度に温めておいたオーブンで30分焼く。
4)荒熱がとれたところで、ナイフでちょんちょんと切れ目を入れておく。
5)完全に冷めてから、切れ目にそって手でぽきんぽきんと折る。密封容器で保存。
DSCN1467_20120506124541.jpg
調べてみたら、本場のレシピでは、バナナを入れたりチョコでトッピングしたり、ドライフルーツが入ってたりといろんなバリエーションがあるみたいですね。
私は勝手にマーマレードを使いましたが、良い香りがして気に入ってます。
ジャムアイスクリーム
2012年05月04日 (金) 12:38 * 編集
いつものジャム消費作戦レシピです・・・!
これから暑くなる季節に、ちょうどいいと思って考えました。
材料は二つだけ!
作り方も簡単、なのにしっとりなめらかな美味しいアイスができましたよ。
DSCN1466_20120504123041.jpg

材料(125clカップ4個分)
牛乳 300cc
ジャム 200cc

作り方
1)ジャムと牛乳はミキサーにかける。必要ならうらごす。
2)アイスクリーマーにかける。
以上!! 笑

写真は自家製マンゴー&オレンジジャムです。さわやかな香りが美味しいです。
いろんな果物のジャムで作っています。
ペクチンのおかげでとろっとするので、アングレーズソース不要なんですよ。

他のジャム使用お菓子レシピはこちら。

クロスタータ
ビスケット(卵不使用)
やわらかビスケット

まだまだレシピ開拓しますよ!だって、うちの棚はジャムだらけなんですもの!
* Top * Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。