日々の記録、お菓子やパンのレシピ *レシピはすべてオリジナルです。配合など予告なく変更になる事があります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
栗のクリーム
2010年11月28日 (日) 21:34 * 編集
久々にこれは自信作、とっても美味しかったです♪
DSCN7636.jpg
市販の加糖マロンクリームを豆乳でのばして葛粉で固めただけの簡単デザートなんです。
材料さえ常備しておけば、いつでも作れますよ。よかったら試してみてください。
DSCN7637.jpg
材料(6人分)
   豆乳(または牛乳) 500cc
   マロンクリーム(糖分60%) 200g
   葛粉 25g
   ラム酒(あれば)2滴

作り方
1)お鍋に葛粉を入れ、少量の豆乳でペースト状にしたら、マロンクリームを混ぜる。
2)だまにならないように注意しながら、残りの豆乳を少しずつ入れて溶かす。ラム酒も加える。
3)中火にかけて沸騰したら弱火で2分ほど、焦げ付かないように絶えずかきまぜながら火を通す。
4)熱いうちに容器に流し入れ、冷めたら冷蔵庫へ。

これは過去記事の、クリームで実験クリームで実験(発展編)をもとにしてできたレシピです。
マロンクリームを、同量の粒あんに代えて作ったのも、とっても美味しいですよ♪
それから、葛粉の代わりにコーンスターチや上新粉や片栗粉でも食感が少し変わりますが、作れます。

栗の季節だし、なにか栗を使った物を食べたいなぁと思っていたんですが、小さい子2人いたらなかなか、あの剥く作業にふみきれなさそうで、今年は断念、なんて思っていたのです。
市場で栗を見ては、見なかったふりをして我慢していたのです、笑。
せめて栗のクリームをパンにぬって・・・と思ってマロンクリームを買っておいたのですが、ふとこのレシピを思い立ち、作ってみたら大成功♪
これなら、栗の季節ではなくても気軽に栗の味を楽しめていいですね。
気に入ったので、また作ります♪
スポンサーサイト
米粉のラズベリーケーキ
2010年08月13日 (金) 17:17 * 編集
パパが出張でりんごっちの誕生日にいられないので、昨日少し早馳せで、りんごっちの3歳のお誕生日をお祝いしました。
今回は、ちょっと頑張って飾りのアンパンマンも作りましたよ。(初めてなので、少々のムラはご愛嬌って事で。笑)
姑さんのお庭で獲れた赤い実(ラズベリー、房スグリ、いちご)が大量に冷凍してあったので、お砂糖と合わせて煮て裏ごし、クリー(ソース)を作りました。
それをたくさん使ってちょっと凝ったケーキに挑戦しましたよ。
DSCN7245.jpg
結構おおざっぱに作ったのですが、一応作り方の覚え書きを残しておこうと思います。
中身はこんな感じです。
DSCN7261.jpg
ケーキを初めて目にしたりんごの反応は満面の笑みで「わぁ~アンパンマンだぁ~」と大喜び。
でも、いつもアレルゲン除去で作るケーキやパンはものの二口しか食べてもらえないので、今回も全然期待してなかったのですが、やはり二口三口で終わり!でした。
上のアンパンマンチョコも、二口三口で終わり。
他の家族達は美味しい!て食べてくれたので、少し救われましたよ。とほほ。
More...
米粉の宇治金時ケーキと米粉クッキー
2010年04月01日 (木) 11:44 * 編集
抹茶味の大好きなりんごっこの為に作りました。
上の生地は、お抹茶と白インゲンの煮豆入り、下の生地は粒あん入りにしてみました。
DSCN6409.jpg
レシピはこちらにお抹茶大さじ1と煮豆を加えました。
お抹茶の部分が気に入ったようで、たくさん食べてくれましたが、翌日には「もういらない」ですって。涙

同じ日の朝に、えいやっと続けて作った二つ目のおやつ。
こちらは私が気に入っている米粉のバタークッキー。
DSCN6411.jpg
レシピはこちら
これも、作りたてを2個だけしか食べてくれませんでした。。。

りんごさん、作りたてしか食べないなんて、贅沢だよー!んもう。
DSCN6412.jpg
デュラムセモリナ粉でいろいろパン
2010年02月11日 (木) 13:17 * 編集
小麦にはアレルギーがあるりんごですが、どうやらこのデュラムセモリナ粉は大丈夫みたいなので、作ってみました。
実は以前にもいろいろ工夫して作ったのですが、食べてくれなくて。。。
私のやる気を回復するのに時間がかかりましたが、今回はこんなのを作りました。
DSCN6140.jpg
同じ生地でピザ仕立てにしたり、後は中身をレーズンやホワイトチョコやミルクチョコに変えて、ざらめ糖でおめかしもしてみました。
DSCN6150.jpg
でも、結果はまたまた撃沈!
一口は食べてくれましたが、終いには上のザラメ糖と中のレーズンだけをむしって食べられました。ナンデヤネーン!

残りは私達夫婦で美味しくいただきましたが。。。

。。。。次回の挑戦は、また半年後か!?

配合の覚え書きです!ちょっと甘めでやわらかめにしてみました。

パンオレ8個分

   デュラムセモリナ粉(アレルギーの心配のない方は強力粉で) 200g
   塩 小さじ1/2
   きび砂糖 大さじ2
   生イースト 8g(ドライなら4g)
   牛乳 140cc
   無塩バター 30g

こね20分、一次発酵1時間半、ベンチ15分、二次発酵40分、180℃で12分焼成 
   
ファールブルトン(小麦&卵&乳不使用)
2009年10月28日 (水) 21:22 * 編集
前回の記事でファールブルトンを紹介しましたが、それがあんまり気に入ったので、うちの娘りんごにも食べさせたい、と思い、アレルギーのある小麦、卵無しで作ってみました。
最近ココナッツの風味が彼女のお気に入りなので、ココナッツミルクも入れ、好物のバナナも入れました。
DSCN5440.jpg
材料(18cm耐熱皿)
   完熟バナナ 中1本(100g)
   きび砂糖 45g
   塩 ほんの少し
   レモン汁 小さじ1
   上新粉 55g
   ココナッツミルク 200cc
   乾燥プルーン 8個
   りんご(無くても良い) きざんだ物1/2個分
   ココナッツフレーク(無くても良い) 少々

作り方
1)ボウルにバナナを入れて荒くつぶし、砂糖、塩、レモン汁を入れて混ぜる。
2)上新粉をふるって入れ、混ざったらココナッツミルクを少しずつ加え混ぜる。
3)耐熱皿に薄く油をひき、プルーンを並べる。
4)3)の上に2)を流し、りんご、ココナッツフレークも散らす。
5)200℃のオーブンで10分+170℃で40分焼く。

で、肝心のりんごっこの反応は!?
DSCN5447.jpg

一目見て「これ、まずいの」




がーん。。。せめて一口食べてから言ってよ~



結局一口もお口に入らぬまま、私と主人とで食べきったのでした。
またもや、空振りですよ!りえねこさん。ムキー

でもね、これ、本当に美味しかったんですよ!
声が小さくなるわ。
バナナの風味とココナッツの風味、それにりんごとプルーンが入ってて美味しくないわけがないでしょ。
とろーんとした食感もすごく良かったですのよ。

しくしくしく。


いいもん、私が気に入ったので、私の為に覚え書きしておくんだもん。
めげてへんよ。
* Top * Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。