日々の記録、お菓子やパンのレシピ *レシピはすべてオリジナルです。配合など予告なく変更になる事があります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南仏の郷土料理、カスレ(Cassoulet)
2010年03月23日 (火) 00:43 * 編集
昨晩は、うちに友人が集まって、一緒に夜ご飯を食べました。
その時に作った料理をご紹介します。
主人の出身地、南仏はトゥールーズの有名な料理で、カスレといいます。
白インゲンをトマト風味で煮込んだ物に、鴨肉やソーセージなどがごろごろと入ったボリュームたっぷりのお料理で、多くのフランス人に愛されている家庭料理なんですよ。
写真がぼやけていてごめんなさい!(汗
DSCN6379.jpg
材料(4,5人分)
   白インゲン豆 350g(Haricot Tarbaisというお豆を使うのがお約束、でも普通の白インゲンで十分ですよ)
   玉ねぎ 2個(粗刻み)
   にんにく 3かけ(粗刻み)
   にんじん 中3本(お豆と同じくらいの大きさに切る)
   トマト 卵くらいの大きさの物2つ、または大きい物1つ(皮を剥き粗刻み)
   タイムの枝、月桂樹の葉 適量
   丁字 2つ
   トマトピューレ 大さじ2
   コーンスターチまたは片栗粉 10g
   鶏ガラスープ 1カップ強
   白ワイン 1カップ強
   
   *お好きな肉各種*
   トゥールーズ産ソーセージ(もちろん普通のソーセージで代用可) 4,5本
   ベーコン お好きなだけ(無くても)
   鴨肉のコンフィ 4,5個(無ければ鶏の骨付きもも肉)
   などなど

作り方
1)白インゲンは一晩多めの水に漬けて二倍にふくらむまでおき、下ゆでする。お鍋で煮立てたら一度ゆでこぼし、再びお鍋に月桂樹の葉1枚と共に入れて沸騰させ、弱火で1時間、柔らかくなるまで煮る。最後に塩を少々して下味を付ける。
2)肉はそれぞれ厚手の深鍋で予め火を通しておく。鶏肉の場合は塩コショウをする。
3)肉を取り出しにんにく、玉ねぎ、にんじん、ベーコンを炒める。透き通ってきたらトマトも入れる。トマトピューレと片栗粉を混ぜ、鍋に溶かし入れる。鶏ガラスープ、白ワイン、タイムの枝、月桂樹の葉、丁字も加えて弱火で30分煮たら、1)の豆をざるで水切りした物も加え、さらに30分煮る。
4)土鍋などオーブンに入れられる耐熱容器に煮上がった豆を、半量入れ(水気が多いようなら適度に水分をお鍋に残しながら)、その上に鴨肉のコンフィを並べる。その上に残りの豆で覆い、残ったソーセージを乗せ、半分お豆に埋もらせる。
5)200℃のオーブンで20分ほど焼く。あつあつをいただきます。

ボリュームのあるお料理なので、前菜はサラダなど、デザートも果物など軽めの物がおすすめです。
シャンパンから始まって、ワイン、食後酒とアルコールの方もたくさんすすんだようでした。(私は飲めないたちなのでそっちのほうは飲み助の主人が担当です、笑)
気の合うアラフォー仲間が集まって、楽しいおしゃべりに花が咲き、お腹も心もいっぱいになった夜でした。
幸せな時を過ごせたことに感謝です。
ちなみに鴨肉のコンフィは主人のお母さんが毎年暮れに手作りで缶詰にしている物を使いました。→こちら        
   
   
スポンサーサイト
* Top * Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。