日々の記録、お菓子やパンのレシピ *レシピはすべてオリジナルです。配合など予告なく変更になる事があります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くるみパン
2005年05月22日 (日) 21:22 * 編集
くるみパンを作りました。
材料;強力粉 200g
   中種 80g
   塩 3g
   ハチミツ 小さじ1
   水 130cc
   みりん 10cc
   お好みのオイル 大さじ1/2
   くるみ 適量(適当に細かくする)

作り方。材料をボウルに入れ、まんべんなく混ぜたらくるみを加える。2倍になるまで一次発酵させる。型に入れ、再び1.5倍ほどになるまで発酵させたら、240℃のオーブンで18分+230℃で5分ほど焼く。

天然酵母の生地は、環境や材料の質などさまざまな要因で発酵状態や、かかる時間が違ってきます。
同じ人が同じ材料で同じように作っても毎回違ってくるのです。
今回はりえねこが、発酵状態を把握しやすいように工夫したいくつかの方法を紹介しますね。

工夫その1)ボウルの中で混ぜた材料はタッパーに入れる。
DSCN1447.jpg

下から1cmおきに印を付けています。
DSCN1448.jpg

2倍になったのが一目でわかります。今回のはくるみが入って重めの生地だったので、ここまで6時間かかりました。(ちなみに何も入れないプレーン生地なら、5時間かかりました)
DSCN1466.jpg

その後型に入れます。私はパイレックス耐熱ガラス(工夫その2)を愛用しています。生地の発酵具合が手に取るように見えます。
DSCN1467.jpg

バターを薄くぬっておいた型の半分の位置まで生地が入ってます。
DSCN1468.jpg

型のふちまで生地があがってくるまでは3時間かかりました。
DSCN1469.jpg

オーブンで焼いた後。
この生地の量ではこの型には少ないようでした。
DSCN1473.jpg

生地量を1.2倍にしてみたところ、ちょうどよかったです。
DSCN1439.jpg

この材料では生地はかなりゆるいです。ゆるい生地でパンを焼く場合、型に入れてないとだれて大変なことになってしまいます。
でも水分量の多い生地はしっとりとした食感のパンに焼き上がり、もちもよく、気に入っています。

工夫3としては、みりんを入れることです。
みりんを入れると風味がよくなるだけでなく、固くなりにくくなります。
DSCN1453.jpg

今回は友達の実家で手作りされている、クルミを搾った油を使ってみました。なんとも香ばしい香りです。
この油分も、パンをしっとりしてくれるようです。
DSCN1452.jpg

スポンサーサイト
Comment
応援メッセージありがとう^^
くるみパン、よく膨らんでていい感じだね♪
私もみりん入れるのにはまってたよぉ~なんか、柔らかくなるよね☆彡
最近すっかりパン焼をしてなかったら、やっぱりパンが食べたくなり、昨日から久々のパン作り中ですw
2005/05/26(木) 10:23:43 * URL * mayu #-[編集]
・mayuちゃん☆
そうそう、みりん入れるとね、こねる時からいい香りするよね。味もまろやかになるよね。
アイシスラテールという雑誌に天然酵母パン特集してるのを見つけて、その中にみりん入れるアイデアが載ってたの。そういえば、mayuちゃんもやってたなあ、と思って試してみたのよ、えへへ。
最近はもっぱら柑橘類ミックスの酵母でパン焼いてます。

mayuちゃん、カフェがんばってね!
東京→横浜じゃあ、ちと遠い?かもしれないけど、好きな仕事だと平気だよね。
きっと素敵なカフェなんだろうなあ。それに、きっとカフェの雰囲気がmayuちゃんに似合う気がします。
機会あったら是非行きたいと思います(^-^)
2005/05/27(金) 19:06:15 * URL * りえねこ@管理人 #Hq/cKpH6[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。