日々の記録、お菓子やパンのレシピ *レシピはすべてオリジナルです。配合など予告なく変更になる事があります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライ麦さん(続きその2)
2005年07月08日 (金) 22:26 * 編集
先月収穫したライ麦27粒、発芽させようと水につけてしばらく様子をみていたんですが、10日経っても全く変化がなかったので、あきらめてお米と一緒に炊いて食べました。
もちもちして、すごくおいしかったです。
でも1粒だけ、だめもとで土に埋めておいたんです。
期待もしてなかったからすっかり彼の存在を忘れてました。
そしたら、昨日ふと見ると何か出てきてます。何でしょ、これ?
ライ麦のことを思い出すのにちょっと時間かかりました。
DSCN1640.jpg

かわいいでしょ?
もっと、10粒ほど植えてたらよかったな~!!残念。
また、元気に育ってくれますように。

こっちはおとなりでひそかに芽を出してた食用ほおずきです。
これは去年の9月、主人と旅行に行った京都美山のある旅館で出されたほおずきがめずらしくて、「これ、かわいいですね~」とおかみさんに言ったら、おみやげに5つぶほどくださったんです。
DSCN1645.jpg

「土にこのまま植えておけば、芽が出ますよ。」とおっしゃったので、植えてみたんですが、芽は出ませんでした。それで、またほおずきを植えた事を忘れてたんです。
それから10か月もたった今、何やら小さい雑草のような芽が大群をなして生えてきたなあと思っててそのままにしておいたら本葉が生えてきて、それがなすの葉っぱにそっくりだったので、ほおずきの事を思い出したのです。
冬、春の間じっと眠ってたんですね。今、やっと自分の芽を出す最適な時期だと感じて土から顔を出したのだと思うとしばし感心して見入ってしまいました。
何ヶ月もの間芽を出さないから、その場所にクレソンとか植えていたのですが、そのわきから窮屈そうに芽を出していたので、広いところに引っ越ししてあげました。

食用ほおずきって、普通のほおずきの1/5ほどの大きさでさやは赤くなく肌色っぽいんです。味はちょっとプチトマトのようでした。
収穫できるかわかりませんが、成長するのが楽しみです。
雑草だと思ってぬかなくてよかった
スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。