日々の記録、お菓子やパンのレシピ *レシピはすべてオリジナルです。配合など予告なく変更になる事があります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
打木赤皮甘栗南京(続き)
2005年08月04日 (木) 17:12 * 編集
以前買ってその美しさになかなか包丁を入れられないでいた、このかぼちゃ。昨日やっと鏡開きならぬ、かぼちゃ開きしました。
DSCN1736.jpg

切ってみたら、なんと夕張メロンそっくりな甘い匂いときれいな色。思わずかじってみたら、やはりかぼちゃの味でした。(汗)
半分は蒸して、1/4は薄切りにして焼いてみました。
味はその名のとおり、甘栗かさつまいもを思わせるほど甘く、肉質は普通のかぼちゃより水分が多くねっとりしています。
そのままでおやつになれる程のおいしさでした。もし見かけたら是非試してみてください!

今日は、最近凝っている、冷製スープにしていただきました。
作り方は、蒸したかぼちゃを牛乳適量と塩こしょうと共にミキサーにかけるだけです。素材の味がしっかりしているので、鶏ガラスープやだしの味は必要ないです。ただ、おいしい塩を使うことが条件ですが。。。
スポンサーサイト
Comment
・すごい綺麗な色!
とっても美味しそうなかぼちゃですねー!
甘栗さつまいものように甘いのですか。
パンプキンパイorタルトにしたら絶品ですね♪
でももったいなくてやっぱり素朴に調理してしまうと思います。
私は栗やさつまいもよりもかぼちゃが好物なんです。笑
2005/08/04(木) 20:39:19 * URL * crystal #PRROP3cs[編集]
・でしょ(^-^)
こんにちは!crystalさん♪
>栗やさつまいもよりもかぼちゃが好物なんです。
そうなんですか。私は3つとも大好きですよ。
パイやケーキ、和菓子に加工するのも好きですが、本当は蒸したり焼いたり、素材そのものの味をいただくのが一番好きです。
まぁ、最近は暑くて調理時間を極力減らしたい、というのもあるんですけどね(笑)
2005/08/05(金) 08:29:06 * URL * りえねこ@管理人 #Hq/cKpH6[編集]
・僕なら・・・
それほど甘みや旨みのあるかぼちゃなら、パリ・ソワールみたいにコンソメのジュレを混ぜるなんて小技は使わない方がよいでしょうねw<冷製スープ。
僕なら、八つほどに荒く割って、3つに断ち切ったスペアリブ、ピーマン&玉ねぎの半割りと共に、それこそ、旨い塩と胡椒、ロリエだけ入れてダッチオーブンで上下加熱で45分、ってとこでしょうね(^_^)。
2005/08/05(金) 09:51:27 * URL * しんのじ@ぐうたら鉄鍋使い #mmVObwro[編集]
・わぁ おいしそう!
ダッチオーブンて、よく知らないんですが、やはり普通のお鍋と全然違うんでしょうね。
屋外使いというイメージがあるんですが、家庭でも使えるんですか?
スペアリブ、ピーマン、玉葱にかぼちゃなんて、見た目にもあざやかでおいしそう!!
昨日は、かぼちゃをペースト状にして、塩こしょう、パセリ、すりおろしにんにく少々、オリーブ油と酢少々を混ぜてパンに付けていただきました。
2005/08/06(土) 07:11:40 * URL * りえねこ@管理人 #Hq/cKpH6[編集]
・家の中でも使えますよ(^_^)
ダッチオーブン、家の中でも使えますよ。
ただし、使いやすいタイプを選んだ方が、より快適に屋内で使えます。たとえば、キッチン専用のもの(上火は使いづらいけど)、あるいは三本脚がないものなどです。
僕なんか乱暴だから、家のキッチンでも、集成炭なんか蓋の上で燃やして、換気扇全開で上火調理をすることもあります。でも、あれはご近所に迷惑になってるかもしれない(汗)。
2005/08/08(月) 08:38:30 * URL * しんのじ #mmVObwro[編集]
・ダッチオーブン、魅力的ですね~!
ちょっと興味があったので、先日近くの図書館でダッチオーブンについての本を読んできました。
確かに、かなり魅力的ですね。
燻製もできたりするのっていいかも。
キッチン用の、底の平らなタイプもあるんですね。多分、近い将来我が家にも来ることになる予感がします。
特に、冬の煮込み料理なんかによさそうですね!!
2005/08/08(月) 20:21:52 * URL * りえねこ@管理人 #lfTeFbf6[編集]
・ホーロー鍋と違う点は、
ホーロー鍋と違う点は、上火が使えること(これは、モデルによってダメなのもあるし、家の中では普通しないw)、錆びること、焦げ付くこと。後の方の2つは、初めにきちんと焼入れし、丁寧にメンテすれば予防出来ます。でも、面倒くさい人には面倒くさいw。それに重いし(涙)。

それでも、大きく分厚い食材に、じわっと火を通したり、味を染み込ませるのは大得意ですね。ポトフなんかも、なるべく野菜や肉は、大きな塊で投入するようにしています(^_^)。圧力鍋より少し時間がかかるけど、水分が飛びにくいのがなんと言っても素敵です。美味しいジュースがじっとりと鍋底に残ってくれるのですから!

ちょっとかわったメリットとしては、鉄がむき出しですので、鉄欠乏性貧血を予防出来るという点が評価出来ますね(^_^)。反面、金気くさいと思う方もいらっしゃるかもしれないけど(僕は気になりません)。
2005/08/09(火) 21:05:01 * URL * しんのじ #mmVObwro[編集]
・うーん。
ますます惹かれますね。
ちょっと調べてみたら、一口にダッチオーブンと言っても、いろんな型、大きさがあるんですね。種類が多いので、どれがいいのか迷いそうです。
もし購入したら、石焼き芋や玄米ご飯、参鶏湯(サムゲタン)、薫製ベーコンなんか作ってみたいですね。

でもやっぱり、大自然の中、みんなでダッチオーブン料理を作って食べるのが一番楽しそうですね。
でもうちは周りにアウトドア派がいないからだめだな~。残念!

ところでしんのじさん、おすすめのメーカーはありますか?もしよければ、参考までに教えてもらえますか?お願いします!

2005/08/10(水) 08:55:53 * URL * りえねこ@管理人 #Hq/cKpH6[編集]
・ご参考までに、
ご参考までに、下記のサイトを挙げておきます。
http://www.rakuten.co.jp/sakaiya/503385/421147/442640/
この、ユニフレーム社の製品は、ちょっと割高ですが一生モノです。普通のダッチ(鋳鉄)と違い、鍛造ですので、強度もはるかに高く(落としても割れない!)、強火も大丈夫、その上、万一錆びさせても、洗剤でゴシゴシ洗えます(その反面、でかいフライパンみたいで、鋳鉄ダッチみたいに、使い込んでも油の膜で黒く艶々とまでは光らないけど(^_^;))。僕も持っています。
サイズ的には、普段使いメインで、鶏一匹の丸焼きまではしない、ということでしたら、8インチがお薦め。鶏一匹が上限なら10インチ、といったところでしょう。12インチは重くて閉口します(笑)。
2005/08/10(水) 23:09:27 * URL * しんのじ@ほい来た! #mmVObwro[編集]
・とても参考になりました。
さすが、しんのじさん。よくご存知なんですね。
お聞きしてよかったです。
普通のダッチオーブンが落として割れたりするなんて、知りませんでした。よく物を落とす私にはご推薦のユニフレーム社のものはぴったりですね。
シンプルな外見も気に入りました。次の誕生日に買ってもらおうかなぁ!!!
2005/08/11(木) 07:52:19 * URL * りえねこ@管理人 #Hq/cKpH6[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。