日々の記録、お菓子やパンのレシピ *レシピはすべてオリジナルです。配合など予告なく変更になる事があります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国土産♪(その1)
2005年10月06日 (木) 19:14 * 編集
韓国で自分に買ってきたお土産です。
チェギドン漢方薬市場で買って来たシナモンバー。巨大です。りんごと比べてみてください。香りも大きさに比例して、強いみたいです。りんごのコンポートを煮るのにひとかけら使ってみましたが途中で引き上げたほど香りが強かったです。これ1本、たった1000ウォン。約125円です。
DSCN2029.jpg

仁寺洞(インサドン)で見つけた韓菓子の型。日本の干菓子の型に似てますよね。テチュ(なつめ)の木でできているそうです。
DSCN2030.jpg

裏側には、ちょうちょと魚の型。
DSCN2032.jpg

細かい仕事ですね~。
DSCN2033.jpg

デパ地下で買った有機自然食のミスカル(数種の穀物を煎って粉にした物)、雙和茶、天然生活というタイトルの雑誌。
日本にも全く同じ名前の雑誌がありますよね。韓国ではつい最近からウェルビン(英well-being)という考え方が健康志向の人々の間に広まりつつあるようです。
安全な食を見直すだけでなく、ヨガなどの体操、手作りの精神、環境問題まで広いテーマを問題にしています。
面白いのは、この雑誌(2005年号、vol.1と書かれているので、1年に1回の出版らしい。)の中で日本の有機食品について大きくレポートされているところ。
中には全然有機でもない商品(大手メーカーのカレールーとか)が取り上げられてて、「あれ?」と思うところもあったけど、日本での有機jasマークの説明など、興味深い記事もありました。
DSCN2036.jpg

これは韓国のお茶です。左から、オクスス(とうもろこし)茶、しょうが茶、雙和茶、オミジャ(五味子)茶。オミジャは木の実で、5つの味(甘味、酸味、苦味、辛味、塩味)がすると言われています。
DSCN2039.jpg

雙和茶です。薬効成分が粉末になっているので、お湯に溶かすだけでいただけます。
材料を見てみると、葡萄糖、白芍薬、川弓、熟地黄、黄耆、当歸、葛、生姜、五味子、枸杞、人蔘、桂皮、甘草、落花生、松の実、棗。
体に良さそうです。味はちょっと苦甘いんだけど、私は好きな味です。
DSCN2043.jpg

韓国土産その2に続きます!
スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。