日々の記録、お菓子やパンのレシピ *レシピはすべてオリジナルです。配合など予告なく変更になる事があります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
參鶏湯(サムゲタン)
2005年10月16日 (日) 08:31 * 編集
難しそうに見えてとっても簡単なこの料理。
厚手の鍋をお持ちの方なら試してみて下さい。
DSCN2074.jpg

材料;鶏 1匹
   餅米 2合
   にんにく 3かけ
   生姜 1かけ
   ごぼう(本来は朝鮮人参なんですが) 中1本
   青ネギ 適量
   塩こしょう

作り方。
1)鶏は内臓を取り除いた物を求め、内部はきれいに洗って拭いておく。
2)首の部分は串で縫うように止め、お尻のほうから餅米をつめていく。糸で縫うか串で止める。
3)深めの厚手鍋に鶏、ごぼう(洗ってぶつ切り)、にんにく、しょうがの薄切り、ひたひたの水を入れて一煮立ちさせ、弱火でさらに3時間煮込む。
4)塩こしょうをし、刻みネギをちらす。

よく煮込むので、包丁で切り分けなくてもほろっとくずれます。
今回は餅米100%では作らずに、はと麦、栗の実も詰めました。
薬膳ぽいでしょ?
白菜キムチ、水キムチと共にいただきました。
DSCN2080.jpg

次は、水キムチの作り方をご紹介します。
スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。