日々の記録、お菓子やパンのレシピ *レシピはすべてオリジナルです。配合など予告なく変更になる事があります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サントノレ(Saint Honoré)
2005年12月10日 (土) 11:43 * 編集
親戚中が集まるクリスマス。デザートの担当はいつも私です。
失敗が許されないので予行練習に作って見ました。
DSCN0046.jpg

13日から、年末まで主人の実家のある南仏へ行ってきます!
クリスマスを家族+親戚と一緒に過ごしますので、またレポートしますね。
普通、南仏のクリスマスケーキと言えば、ビュッシュドノエルが主流なのですが、あのバタークリームは濃厚なごちそうの後に食べるのは胃にもたれるし、毎回なのでみなさん飽きてます。
去年はチョコタルトに軽い生クリームとサワーチェリーのコンポートを添えたものを作りました。
今年はサントノレ。人数分(20人くらい)作るのは大変ですが、うまくいくといいな。

このお菓子の作り方は↓をクリックして下さい。
材料
*ローカロリータルト生地*(作り方はこちら
   薄力粉 105g
   無塩バター 35g
   塩 1g
   水又はりんごの酵母液 35cc

*シュー生地*
   水+牛乳(半量ずつ)125cc
   塩 2g
   砂糖 4g
   無塩バター 50g
   薄力粉 80g
   卵 2~3個

*カスタード*
   卵黄 4個
   砂糖 100g
   薄力粉 30g
   牛乳 500cc
   バニラのさや 5cm
   洋酒 大さじ2~3
   ビターチョコレート 50g(細かく刻む)

*カラメル*  
   砂糖 50g
   水 28cc

*シャンティー*
   純生クリーム 200cc
   砂糖 15g

作り方。
1)タルト生地を用意し、直径20cmの円に切り取り、ピケ(竹串で穴をところどころに開ける)。
2)シュー生地を作る。鍋に牛乳+水、塩、砂糖、細かく切ったバターを入れ強火にかける。沸騰しバターが白っぽく泡だったら薄力粉を一気に入れ、力強く混ぜ、火からおろす。鍋底に生地の薄い膜ができるまで2分ほど力強くかき混ぜる。ときほぐした卵を少しづつ加え、木べらからとろっと落ちるくらいまでになったら卵を加えるのを止める。
3)シュー生地を1.3cmの口金をつけた絞り袋に入れ、1)のタルト生地上に写真のように絞り出す。
DSCN0030.jpg

4)200℃のオーブンで15分+180℃で5分焼成。
5)残りのシュー生地は直径2cmの球状に絞り出し、200℃のオーブンで15分+170℃で5分焼成。 
6)カスタードを作る。ボウルに卵黄、砂糖を入れよくかきまぜたら薄力粉を加え混ぜる。小鍋に牛乳、バニラを入れ、沸騰したら卵黄の入ったボウルに半量加え、よく溶かす。再び鍋に戻し、とろっとするまで煮る。半分に分け、片方に刻みチョコを溶かし込む。表面にラップをしてあら熱が取れたら好みの洋酒で風味を付ける。
7)プチシューの底に穴をあけてチョコカスタードを絞り入れる。
8)カラメルを作る。小鍋に水、砂糖を入れ火にかけ、キャラメル色になったら鍋底を水につけて冷やし、それ以上黒くならないようにする。
9)プチシューの上部をカラメルにひたし、クッキングシートの上に置いてカラメルが固まるまで置く。
10)固まったら、カラメルをプチシューの下部にもつけて土台のシュー生地の上に並べてくっつける。
11)生クリームは絞れる固さまで泡立て、1/3量を6)のカスタードと合わせ、タルト生地の上に流す。
12)残りの生クリームは好みの口金を漬けた絞り出し袋に入れ、11)の上にきれいに絞り出す。 

仕上げ例の別バージョン
DSCN0044.jpg

中身はこんな感じです。
DSCN0048.jpg

召し上がれ♪
DSCN0049.jpg

スポンサーサイト
Comment
・手の込んだ
お菓子ですね。
おいしそうですねー。 じゅるっ、です。

南仏に行かれるのですか?
ご主人はフランスのかたですか?
南仏、食べ物がおいしそうであこがれます。
もちろん、安くておいしいワインもです。
気をつけて行ってらっしゃいませ。
レポート、お待ちしています。
2005/12/11(日) 21:11:01 * URL * パン・ド・カンパーニュ #-[編集]
・確かに
手の込んだお菓子です。そんなに難しくないけど手間がかかります。
手際の良さがものを言うお菓子かもしれません。のろのろ作ってたらいつまでも終わりが見えないのです!あはは。

でも食べる時にはその苦労が全部報われます。
カラメルのパリっとした飴がまずくだける感触があって、シューとクリームのやさしいふんわりとした感触、それにカラメル、チョコクリーム、生クリーム、ヴァニラの香りのカスタードが口の中で合わさった幸せな味は言葉に表すことが出来ません。
このお菓子を考えた人は天才だと思います。
その瞬間には、最近増えてきた体重のことの心配とか、全くどこかへ去ってしまって、ただ快楽にひたるのみです←やば。。

そうそう、主人はフランス人です。
中身関西人入ってますけど。。。
食べ物はおいしすぎてまたもや体重増加必至です。それがこわい。。。
レポート必ずしますので、待っててくださいね♪
2005/12/12(月) 07:01:15 * URL * りえねこ@管理人 #Hq/cKpH6[編集]
・いってらっしゃい!
食べ物系のレポート、お待ちしておりますよ。
チーズやワインのことも。
あと、八百屋さんの果物や野菜、肉屋さん、魚屋さんなども見たいですね。
写真撮ってきてくださいね。
きっとですよー。
2005/12/12(月) 21:43:23 * URL * パン・ド・カンパーニュ #-[編集]
・いってきまーす!!
写真、撮ってきますよ♪

きっと撮ってきます!

それではそろそろコンピューターを閉めまする~。行ってまいります♪
2005/12/13(火) 04:33:48 * URL * りえねこ@管理人 #Hq/cKpH6[編集]
・難しい~
作ってみました~。これも以前から作りたかった
(というか食べてみたかった)お菓子です。私、今まで一度もシュークリームを上手く焼けた事がなくって・・・。なのに無謀にも挑戦しましたが、やはり今回もりえねこさんの様には膨らみませんでした(涙)。何故でしょう???搾り出すとき、もっとこんもり搾り出さないといけないのかな??シュークリームの膨らみはおいといて、味は絶品でした。りえねこさんの表現の通りの美味しさです。
2007/07/17(火) 12:11:48 * URL * EMIKO #-[編集]
・EMIKOさん♪
こんにちは!
美味しく作れたみたいでよかったです~。
シューのふくらみの悪いのは、私もよく経験しますよ~!
ちょっとした原因でふくらまなかったりするんで厄介ですよね。
シュー生地を絞り出す前の加熱の具合、その時の水分含有量の関係でふくらみに差が出るのではと思っています。
またまた私のレシピの説明不足によってご迷惑かけちゃいましたね。
2)のところ少し書き足しておきます!スミマセン。
2007/07/18(水) 06:53:51 * URL * りえねこ #BrdPE9qc[編集]
・いつかは
シューも綺麗に膨らみ、見栄えも良く作れる様にまた挑戦します。
そうそう、今日は注文していた天板が届きます。今週末は何を作ろうか、毎日迷っています。あれもこれも食べてみたくって。ホワイトチョコ&ラムレーズンのアイスも捨てがたい~!!
2007/07/18(水) 11:15:27 * URL * EMIKO #-[編集]
・EMIKOさん♪
シュー生地は、何回かやってみるとコツがわかってくると思います。
頑張っていろいろ挑戦してみて下さいね!

ホワイトチョコ&ラムレーズンアイスはEMIKOさんきっと気に入ると思いますよ~。
よかったら作ってみてください♪♪
2007/07/19(木) 11:19:15 * URL * りえねこ #BrdPE9qc[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。