日々の記録、お菓子やパンのレシピ *レシピはすべてオリジナルです。配合など予告なく変更になる事があります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
環境にやさしい生活
2005年02月16日 (水) 22:00 * 編集
今日京都議定書が発効されましたね。

台風や洪水の被害、標高の低い小島などの領土減少などを引き起こしている地球温暖化を食い止めるために、具体的な数値を定めて各国がそれぞれ努力していくというものです。

議定書によると、2008年から12年の間に、日本は1990年比で温室効果ガス(二酸化炭素など)を6%削減する法的義務があります。
ところが、2000年の時点で既に8%も増加してしまっているので、2012年までに26%の排出量削減をしないといけないとも言われています。

今のままでは到底無理じゃないの、と思われるこの課題に対して、外務省は具体的な政策はあるのかしら。外務省のHPに行ってきました。
外務省の政策としては、グリーン税制の実施(環境負荷の小さい自動車に税を軽減する)、省エネ法の改正、教育による温暖ガス削減の奨励、途上国の温暖ガス削減の支援や植林をあげていました。

(そんな生ぬるい政策で26%の数字が変わるのかなあ?)

では私個人では何ができるのか、考えてみました。私達夫婦は車を使わない生活をしているので、それ以外でできることと言えば、ゴミをできるだけ少なくする事だと思います。ゴミを軽量化すれば、焼却場での二酸化炭素排出量を減らすことができます。

使い捨ての物をなるべく買わない、過剰包装を断る、野菜の皮などはできるだけ食べる、などひとつひとつは小さな事でもできるだけの事はしていきたいと思います。

そう言えば、最近我が家にも一台欲しいと思っている家電があります。それは家庭用生ゴミ処理機。マンション住まいなのでコンポストはおけず、電気処理するタイプの物が欲しいのです。
でも、かなり高価なのでなかなか手が出ません。地方自治体から2万円ほどの補助金がもらえる、といっても本体が5~10万円もするんです。
こんなケースこそ、外務省が各メーカーに援助してもっと安値で市場にまわるようにすればいいのに、と思う。せめて1万円くらいで手に入れば、もっと使う人が増えてゴミも大幅に減らせるのになあ。

20050216205132.jpg

スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
「京都議定書」たぶん、このキーワードはランキングで今夜上がって来るだろう。地球温暖化防止のため、温室効果ガスの排出削減を義務づけた京都議定書が、日本時間の16日午後2時に発効。京都では関連イベントを開催。午後6時半から国立京都国際会館(左京区)で小泉首相
 ―― 現実には価値がない17歳少年による教職員殺傷事件。不明な点の多い犯行理由について、田口ランディさんと友人の会話。  「そりゃあ、二十四時間ゲームやっとったら、現実なんて無意味やろ」 「だとしたら……、ほんとうに現実が無意味かどうか、  試してみたく
2005/02/17(木) 19:34:22 * 占い日記
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。