日々の記録、お菓子やパンのレシピ *レシピはすべてオリジナルです。配合など予告なく変更になる事があります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢中でむしゃむしゃ、アーティチョーク。
2008年11月13日 (木) 04:23 * 編集
こちらでは今が旬、アーティチョークをご紹介します。
日本名は確か朝鮮アザミ。アザミの大きなつぼみを食べる、変わった野菜です。
遊びに来ていた姑さんが、市場で買って来てくれました。

この野菜、食べるのにちょっと工夫がいるのですよ。
私、大学卒業後に留学していたベルギーで、初めて見て興味本位で買ってきて、どうやって食べればいいのかわからず、とりあえず茹でてはみたものの、固くて全然美味しくなくってごみばこへ捨ててしまった経験があります。

立派なつぼみでしょ!?小玉すいかくらいの大きさはあるかしら。
DSCN4223.jpg

調理方法はとっても簡単。圧力鍋に適量の水を入れて、圧力がかかった状態で15分加熱したら水を切って終わりです。
湯がいたらお皿にあけて。。。
DSCN4226.jpg
外側の花びらから一枚一枚ちぎって、ビネグレット(オリーブ油、ワイン酢、塩こしょうを混ぜたドレッシング)につけて食べます。
この時、花びらの根本の柔らかい部分だけを、前歯でしごいて食べます。
DSCN4229.jpg
花びらは外側に見えているだけでなく、内側にも何枚も隠れているので、その都度はがしてはビネグレットをつけてお口へ運ぶ、という地味な作業を続けます。
その間、無口でもぐもぐ、せっせと食べていくのですが、内側に行くにつれてどんどん味が深く美味しくなっていくのですよ。
DSCN4230.jpg
やっとの事で花びらを全部はがし終わり。お味は、春菊とたけのこの混ざったようなほろ苦い、大人の味がします♪
ここでおしべらしき物が登場。主人はこれは食べないと言うので、取り除きました。
DSCN4231.jpg
そしてこれが花托の部分。一番おいしい部分です!
これはナイフで一口大に切って、フォークで器用にビネグレットと絡めていただきます。
あ~~、美味しい!
食感はやっぱりタケノコっぽいのです。穂先の柔らかい所ね。
見た目もちょっと似てますよね。。。?
DSCN4233.jpg
主人と一つずつ、時間をかけていただきました。
なんてことはない、素朴な料理ですが、なかなか楽しくいただきましたよ。

次は、↓の食材を紹介したいと思います。
真っ赤な身で少し甘いお野菜です。
これ、何でしょう?わかりますか?
DSCN4224.jpg
スポンサーサイト
Comment
・無事に着いたのですね!
その後もちょくちょく見ていました、お久しぶりです。
長旅も無事に済んだということで、お引越しおめでとうございます。
りんごちゃんのこと、食事も色々工夫しているようで、これからも楽しんでがんばってくださいね。
ただフランスだと乳製品抜きは大変そう。。。
この野菜は私も大好き!
ウクライナのボルシチはこれがベースで、きれいな赤いスープですよね。
また酢漬けもなかなかおいしいです~。
それではこれからもHP楽しみにしていますね。
2008/11/13(木) 13:45:06 * URL * さえこ #-[編集]
・さえこさん♪
お久しぶりです、こんにちは!
引っ越し、とりあえず無事済んでほっとしております。
まだまだ片付けが山のように残っていますが。。。
その辺はぼちぼちやろうとゆる~く構えています(笑。
ボルシチって食べた事ないんですよ~。
こちらでは、もっぱらオーブン焼きにした物を食べています。
でも私は、日本のなますのようにして食べるほうが好きなんですよ♪
あの赤い色は、なんだか元気にしてもらえる気がします。
2008/11/14(金) 09:23:15 * URL * りえねこ #-[編集]
・管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/26(月) 03:49:32 * * #[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。