日々の記録、お菓子やパンのレシピ *レシピはすべてオリジナルです。配合など予告なく変更になる事があります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水道水について思うこと
2005年02月25日 (金) 23:07 * 編集
大阪の水は悪名高い。
不味いという一言では片付けられない。
薬くさいし、そのまま飲めばきっと身体にも良くない。
浄水器をつけなくても蛇口をひねるだけでおいしいお水が飲める地域に住んでいる方々がとてもうらやましいです。

なんでこんなに薬くさいのかと言うと、水道浄水場で殺菌や他の目的で塩素を使うから。
水源の河川の水が汚染されていればされている程、塩素が多用されます。しかも、この塩素と、汚染物質とが水中で反応して、トリハロメタンなどの発ガン物質が生成されてしまうと言われています。

東京都I区に住んでいた時に、一度水道局の人が家に来られたことがあります。水道水を渡すとその人は試験薬を入れて、こう言いました。
「最近この近くの浄水場から出される水に発ガン物質が含まれることがわかったので、できるだけ飲まないようにして下さい。炊飯用にも、使わないで下さい。熱を加えた水道水は、喫煙する場合より発ガン性がはるかに高いです。」
すでに長期間、炊飯用に水道水を使っていた私は絶句でした。飲用水はミネラルウォーターを買っていましたが、炊飯用には水道水を使っても加熱されるから安心だと思ってたからです。
どうしてそんな危険な水を市民に供給するのか、とても嫌な気持ちになったのを覚えています。

水源である河川の汚染をできるだけ抑えるために、私達ができることは?
生活排水として、できるだけ合成洗剤などの化学物質まみれの水を流さないことです。私も最近徐々に合成洗剤を石けんに変えていってます。

これは以前使っていた洗濯用洗剤。
成分中の、合成界面活性剤は河川や海に流されて環境ホルモンの発生原因になると問題視されています。しかも肌に浸透しやすく、皮膚トラブルを引き起こします。
DSCN0930.jpg

最近変えた洗濯用石けん。

これは台所用石けん。石けんは100%生分解されます。
合成洗剤よりやや汚れが落ちにくいけれど大抵これだけで十分です。
DSCN0926.jpg

なかなか落ちない油汚れのときは、強力な味方があります。
重曹と、お酢スプレー。フライパンのこびりつきや流しの汚れ、茶渋なんかもきれいに落ちます。
DSCN0932.jpg


環境の事を考えて生活すると、結果的に自分にもやさしい生活をしている事がわかります。これからも環境の為にできる事をどんどん増やしていきたいな、と思います。

合成界面活性剤について調べてみました。

合成界面活性剤とは。

シャンプー、リンス、歯磨き粉、基礎化粧品、洗剤、シェービングクリームなどのほとんどの製品に含まれている(化粧品には乳化剤として使用)。人体や環境に対してあきらかに有害な成分である。界面活性剤とは簡単に言えば水と油を混ぜる物。これにより油を含む汚れも水で洗うことができる。界面活性剤のうち、石油などから作られる物を合成界面活性剤と呼び、脂肪酸カリウム、脂肪酸ナトリウムなど97%以上含むものを純石けんと呼ぶ。

なぜ有害か。

合成界面活性剤には「タンパク質変性作用」と呼ばれる性質があり、体のタンパク質を破壊する働きがある。そして、非常に強い浸透力があるため、皮膚から入った有害物質は一部血液まで(!)侵入するという動物実験結果がある。
一般的なシャンプーや歯磨き粉を使うと、頭皮、頭髪、舌の細胞などが傷つき、肝臓障害を引き起こす事が指摘されている。
人間を含む陸上生物は、基本的に口と鼻以外からの物質摂取をしない仕組みになっており、体を皮脂膜で守っているが、合成界面活性剤は、その皮脂膜や角質層の下にあるバリアゾーンまで簡単に破って浸透していく。そして、皮膚から摂取した有害物質は、体外に排出されることはない。


スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。