日々の記録、お菓子やパンのレシピ *レシピはすべてオリジナルです。配合など予告なく変更になる事があります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どぼ漬け(糠漬け)
2009年12月02日 (水) 23:26 * 編集
糠漬けは、海外在住だと、とても憧れてしまいます。
それに、もともと発酵食品に興味があり、ずっと前からやってみたかったんです。
先日、同じくフランス在住で料理のとってもお上手なこの方の素敵なブログに触発され、作りたい気持ちがむくむく。
早速行った自然食品のお店で糠を発見したので入手しました♪
DSCN5562_20091202225743.jpg
これが、フランスで入手できる糠です。もちろん生糠。
ミューズリに混ぜたり、白チーズに振りかけたり、ひき肉料理に、お粥に最適!と書いてあります。
(うーん、美味しいのかしらん?敢えて挑戦しませんけどね。。。笑)
DSCN5553.jpg
こんな感じです。ちょっと日本の糠よりもたくさん目に削ってある感じですね。
生糠なので、虫がわかないように、フライパンで煎って使いました。そうしたら、ほんわか甘くてとてもいい香り!
DSCN5558.jpg
キャベツの葉やりんごの皮などを捨て漬けにして乳酸菌や酵母を培養させること1週間。
最終的にはにんにくやとうがらし、しょうが、昆布、みかんの皮なども漬けて風味を付けましたよ。
これが私の人生初の糠床ちゃんです。愛おしいです~♪
DSCN5583.jpg
やはりきゅうりが最高ですね、うちのかっぱさん、いやりんごさんにも大好評でした。

それに、うちで煎ってすぐ使ったからか、お野菜にも香ばしい香りが付いて、本当に美味しいですよ♪
これからいろんな冬野菜を漬けていただきます、楽しみだ~
スポンサーサイト
Comment
・食べた~い!
やー、すごい、糠漬ができるなんて!
おいしそう!フランスに糠が売っているとは。。。
考えもしませんでした。
しかも糠を発見したりえねこさんもすごい!
ということは、イタリアにも売ってるのでしょうか?
漬け物好きなので、私も是非、糠床やりたいです!
さっそく、今日BIOショップに行って見てきます。
2009/12/03(木) 18:02:27 * URL * ピコ #-[編集]
・アボカド
去年、一昨年日本で初ぬかをして頑張ってみましたが
フランスに越してくる前になんだかだめになったようで、ビールを混ぜたり砂糖を入れたりしてみましたが、結局捨ててしまいました~.。

でも作りたての頃は、アボカドを漬けるのがクリームチーズのお味がして大好きでした。

機密性の高いマンションだったから、場所も悪かったのかかな・・・といまだ原因がわかりません。
りえねこさんはどこに寝かせておいでですか。

色々漬けたらきっと楽しいでしょうね~いいないいな。

2009/12/04(金) 10:58:36 * URL * きんぎょ #-[編集]
・ピコさん♪
イタリアはBIOのとても発展しているお国ですから、きっと見つかるのではないかと思います。
私の行きつけのお店にも、イタリアからの物がたくさん入ってきているんですよ。
ただ、この糠は仏国産みたいですが。。。

主人にはあんまり受けないみたいなので、娘と二人、朝から晩までポリポリ、おやつみたいにかじっています♪
今の季節は発酵が緩やかなので、浅漬けで塩加減もやさしく、サラダ感覚でいただいています♪

ピコさんちでも糠漬け成功されるといいですね♪
2009/12/04(金) 13:08:05 * URL * りえねこ #-[編集]
・きんぎょさん♪
糠は生き物ですから、天然酵母のパン作りと一緒で管理が難しいのでしょうね。
そうそう天然酵母のパン種と、見かけもそっくり!なんですよ。
うちでは今は台所の食卓の上に常温保存していますが、夏場や長期不在の時は冷蔵保存にするつもりです。

季節の地場産の低農薬野菜を漬けようと、BIOのお店や市場を物色しています。
写真の蕪は、黄色いのですが、なかなか美味しい糠漬けになりました。
ラディッシュも試してみたいなぁ。。。
それにしても、アボカド、というのはとても変わっていますねー。
お味、想像できません。。。
クリーミィで美味しそうですね!
2009/12/04(金) 13:16:55 * URL * りえねこ #-[編集]
・早速おじゃまします^^
リンク、どうもありがとうございます。

すごい、まさに米糠ですね!
見た感じ、日本で見る米糠よりもずっと細かいのは、こういう粉末状のシリアル類ってこちらでは何かにふりかけたり、混ぜ込んで食べるっていう用途が多いからかなのかもしれませんね。

糠漬け、あるとやっぱりホッとしますよね。
家でつけるようになったら、野菜の摂取量も増えたような気がします♪

2009/12/04(金) 15:58:29 * URL * ポプラ #yjwl.vYI[編集]
・ポプラさん♪
わぁ、ようこそお越しいただきました。
嬉しいです☆
リンク掲載を快諾してくださってありがとうございました。

この糠ですが、細かい粉末と小さいフレーク状の物が入り交じっていました(写真がへたくそでわかりにくくてごめんなさい)。
フレーク状の物も、熟成中にとろけてしまったようで、今では形跡も見あたりません。
見た目日本の煎り糠と全然違ったので、不安に思いつつ試しましたが、出来上がりはとても美味しい物になりました。
うちでも、野菜の摂取量が増えた気がします♪

八百屋さんに行っても、漬け込み可能な野菜ばかり求めてしまいます(笑。
ポプラさんの記事に掲載されていた赤皮の人参も、黄色い蕪も、紫+白の蕪も試してみます♪
黄色い蕪は、私も大好きです。

良い情報をいただいて、ありがとうございました♪
これからの更新も楽しみにしています。
2009/12/04(金) 21:55:51 * URL * りえねこ #-[編集]
黄色いのは蕪なんですね。キュウリ、人参、セロリも好きです~.

アボカドは、別容器に糠をとって漬けていましたよ。
ナスも好きですが色よく漬からなくて・・・

漬け物はいいですよね~
さごはち漬けとか奈良漬け、いぶりがっこも好きです。

考えてみると日本は何種類の漬け物があるのでしょう。

2009/12/06(日) 22:51:07 * URL * きんぎょ #-[編集]
・香りが届いてきそうです。
こんにちは!
異国(懐かしい言葉)でぬか漬けですか・・
ご主人やお母様は召し上がりました?
以前、外国に住めば、パンを使ってぬか漬けを
作るってお話を伺った事がありますが・・・
それにしても“糠”もお国が変われば様々な
食べ方があるものですね・・・・お味の想像は
難しい~~
りえねこさん、挑戦なさった時にはぜひUPを
お待ちしています。
そちらのクリスマスの様子など知りたいなぁ・・
2009/12/08(火) 13:57:59 * URL * ガトーショコラ #-[編集]
・きんぎょさん♪
あぁ、私もおナスは、まだ未体験ですね。
みょうばんと一緒に漬けると発色がよくなるとか言いますがみょうばん中のアルミの成分に抵抗があるので発色悪くてもそのまま塩のみで漬けたいと思います!
でも、こちらのおナスってあんまりにも大きいので、どうでしょう。
漬かりにくいでしょうか。

さごはち漬けって聞いた事あります!
美味しそう、べったら漬けのような感じでしょうか?
でもこれは麹菌が必要なのでさすがに仏国では無理そうですね、、、日本から救援物資頼みましょうか。
うーん。いつか、やってみたいです。
2009/12/11(金) 05:35:20 * URL * りえねこ #-[編集]
・ガトーショコラさん♪
そうなんです、こちらでは糠なんて絶対無いと思い込んで探そうともしませんでしたのに、発見した時はすごくびっくりしたと同時に嬉しくなってしまいました。
お姑さんは遠くに住んでいるので、まだお出しした事はないのですが、きっと気に入ってくれると思います。
クリスマスの様子ですか~
そうですよね!
いいお写真が撮れましたらアップしたいと思います♪
いつも楽しみにしていただいて、嬉しいです。
2009/12/11(金) 05:40:55 * URL * りえねこ #-[編集]
・これ!
これ、本当においしかったです。
野菜嫌いのわたしもパクパク食べられたし、にんじんのにおいも全然気にならなかったです。
状態を保持するの難しいですか?
わたしも、かっぱちゃん(!)の気持ち、分かる~(笑)きゅうり最高!!
2009/12/14(月) 19:55:26 * URL * 裕子 #cdKyETCo[編集]
・裕子さん♪
そう言っていただいて嬉しいです。
状態を保持、そうですね、天然酵母と一緒で、お世話すればするほど喜んでくれるようですよ。
人間も一緒やね。笑
裕子さん、野菜嫌いなのー?
野菜は元気になる薬なんだよー!
2009/12/17(木) 08:40:02 * URL * りえねこ #-[編集]
・今日も漬けました!
BIOのお店で、木綿のお豆腐を買ったのですがかなりしっかりした木綿豆腐でしたので、糠に漬けてみました。

また報告しま~す!
2009/12/18(金) 06:19:39 * URL * きんぎょ #-[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。