日々の記録、お菓子やパンのレシピ *レシピはすべてオリジナルです。配合など予告なく変更になる事があります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土佐文旦ピールとチョコのパン
2005年03月01日 (火) 22:22 * 編集
レーズン酵母で育てた強力粉中種と、りんご酵母で育てたライ麦粉中種のミックスでパンを焼きました。土佐文旦ピールとチョコチップを入れて、おいしいおやつになりました。
DSCN0960.jpg

材料;強力粉 180g
   強力粉中種 50g
   ライ麦粉中種 80g
   水 90g
   はちみつ 4g
   塩 4g  
   なたね油 大さじ1
   文旦ピール ひとにぎり
   チョコチップ 大さじ4

ピールとチョコ以外の材料を全部ボウルに入れ、まんべんなく混ぜたらピールとチョコを混ぜ込み、3時間半一次発酵、型入れ後3時間二次発酵。表面にライ麦粉をふり、240℃で18分+230分で7分焼成。
文旦ピールのほろ苦さとチョコの甘み、ライ麦中種の酸味のバランスがよくとれたおいしいパンができました。

2月19日に仕込んだ金柑酵母がいい具合にぷくぷく言ってきたので、明日あたり中種にしようと思ってます。
DSCN0875.jpg

すばらしくいい匂い。なめてみると心配していた苦味も全然なく、ごくごく飲みたいくらいのおいしさでした。甘みが足りないようなので、ハチミツを少しあげました。どんなパンになってくれるか、楽しみです♪
この酵母、ペクチンがでてきてとろんとしてます。おもしろい。
DSCN0963.jpg


ps:今日、食と化学物質の油についてのところを加筆追加しました。サラダ油のちょっと変わった使い方をのせています。
スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。