日々の記録、お菓子やパンのレシピ *レシピはすべてオリジナルです。配合など予告なく変更になる事があります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発芽玄米餅
2011年03月04日 (金) 19:17 * 編集
フランスでは餅米が入手できなーい!!と残念に思っていたら、先日、ビオのお店で見つけちゃいました。
米ですが。
パッケージの絵を見ると、いかにもアジアから輸入してます、みたいに期待されそうですが、米国産なんですよ。
そして、緑のところ、よーく見たら、「お寿司に最適」なんて、書いてある。餅玄米でお寿司ぃ!?
聞いた事おへんがな!・・・と声を大にして心の中でつっこみます。
DSCN8127.jpg
せっかくの玄米なんで、2日かけて発芽させてみました。(やり方はこちらです。)
DSCN8147.jpg
それで、前回と同じ様に、キッチンエイドでお餅搗きをしてみました。わくわくしながら。
・・・・が、ちょっと大変でした。というのも、お米が糠層に覆われているのでなかなか潰れないんです。
DSCN8175.jpg
ほら、こんなにプチプチが残ったまま!
まぁ、これはこれで美味しく食べられましたが、こんなあばた顔のお餅、ちょっと・・・ね!
DSCN8176.jpg
うーん、と考えた末、良いことを思いつきました。
発芽させた後、少量の水と一緒にミキサーにかけました。どろどろん。
DSCN8166.jpg
中強火の蒸籠で蒸す事20分。
DSCN8167.jpg
蒸し上がり。黄色いお餅になりました。
DSCN8168.jpg
キッチンエイドにかける事なく、そのまま片栗粉を振った型に平らに流して、上からもぱらぱらと片栗粉を振り、半日乾燥させました。
DSCN8169.jpg
セルクルで丸く抜いて。良い感じです。
DSCN8181.jpg
フライパンで少し焼き色を付けて、粒あんと一緒に。
食べてみた感想ですが、粒が全く残ってなくてなめらかなまったりした舌触りはいいのですが、何か物足りない、と言うか味が均一すぎて面白味が無い感じです。
玄米は、ちょっとだけ粒が残っているほうが美味しいのかも知れません。
DSCN8179.jpg
次回は、ミキサーで攪拌する時ちょっとだけ粒を残して試してみます!

追記:調べてみたら、浸水させた餅米をミキサーで粒を無くして電子レンジで熱を通す作り方をされている方がいらっしゃるようですね~。
うちには電子レンジが無いのでどう違うのか比較できないのですが・・・。
結局、試行錯誤の結果、発芽させた玄米を普通に炊いて、フードプロセッサにかける、という方法に落ち着きました。
これだと適度につぶつぶがあり、粘りもよく出て本当にちょうどいい大満足の仕上がりになりましたよ。DSCN8414.jpg
発芽玄米2合に対し、水は250cc追加で(既に十分吸水しているので、少なめの量です)、中火10分、弱火20分蒸らし15分(うちではストウブ鍋16cmで炊飯しています)、その後フードプロセッサで様子を見ながら攪拌しました。
セルクルで丸く抜かず、おにぎりをにぎる時のように、手水をつけてささっと成形するとうまくできあがりました。
成形したお餅は、片栗粉をうすく敷いた紙の上に置き、しばらく室内で乾燥させて冷蔵庫または冷凍庫で保存します。
スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。