日々の記録、お菓子やパンのレシピ *レシピはすべてオリジナルです。配合など予告なく変更になる事があります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桃ゼリー
2012年07月13日 (金) 13:16 * 編集
前記事からずいぶんとご無沙汰していました。
フランスでは6月というと一学年の締めくくりの月でもあり、何かと行事がたくさんあって、ばたばたしているうちにもう7月になってしまいました。
りんごはつい先日年中さんが終わり、祖父母のおうちへしばらく行っています。夏休みが開けるともう年長さんです。
ぶーちゃんは弟が生まれたら、お姉ちゃんと一緒にしばらく祖父母のおうちへ行く予定です。
パパは日本への引っ越し作業に取りかかりました。9月から東京都民です!!
私はまだ妊娠中・・・ぶーちゃんは38週4日で生まれましたが、今日現在38週6日、まだお腹の中でくつろいでるようです!
でももう時間の問題ですね。生まれたら上の二人とパパは田舎へ行ってしまうので、夏休み終わるまでは新生児と母二人きりで過ごす予定です。

最近いろいろとお菓子を作っていましたが・・・
昨日作ったのはこれ。白桃のゼリーです。美味しかったので、覚え書きをしておきます。
DSCN1790_20120713125010.jpg

材料 白桃 800g(こちらのは小振りなので6個分)
   砂糖 200g
   水 750g
   レモン 皮1個をうすくリボン状にそいだもの、1個分 汁は1/ 2個分
   バニラのさや 5cmくらい
   板ゼラチン 10g

1)鍋に水、砂糖、バニラ、レモンの皮とレモン汁を加え煮溶かしておく。
2)白桃は洗い、すじにそってナイフを入れて、ねじって半割にする。皮も種もそのままで煮る。半分にしたものからその都度1)の鍋に入れていく。
3)ふたをして(少し開けて)中火で15分ほど煮たら火を止め、そのまま冷ます。
4)皮と種を取り除く。(皮のピンク色が果肉にしみこんでいるはずです。)
5)ゼリーを入れる容器に、半割の桃を1つずつ入れる。板ゼラチンはたっぷりの冷水でふやかしておく。
6)煮汁を700cc計量する。足りなければ水(分量外)を足す。
7)6)の液体のうち250ccを鍋に入れ、温める。沸騰させないように注意。ふやかしたゼラチンを入れて、なめらかに溶けたら残りの煮汁を加える。
8)桃の上にゼラチン液を静かに注ぎ入れ、荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

日本ではこういうデザートが恋しい季節ですよね。フランスももちろん夏なのですが、今年は何か変ですよ。
今日なんて最高気温19度。朝などはカーディガンがないと寒くて外出できませんもの。
日本でお盆過ぎに生まれたりんごの時は、暑くてあせもいっぱいで大変でしたから、それに比べると今回のは妊婦の私にとっては過ごしやすいですけどね。
ただ、もう少し日照りがないと、夏秋の作物にきっと影響が出ると思います。。。
スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。